躯体

 

人は、往々にして大切なものは失ってからでないと気付けない。失うとまではいかなくともそれの存在の危機に直面して初めてありがたみを得るのである。

 

空気の薄い山頂に登った時に空気のありがたさを感じるように、そしてけがをして痛みを感じる時に初めて自分の躯体を自覚し、健康であることに感謝出来るように。

 

何が言いたいかって?風邪ひくなよということです。僕は風邪ひきました。つらい。

 

Fin