M感の感想(途中放棄)

書く気がうせてしまったので途中放棄シリーズ。続編を書くかは気分次第

 

・・・

 

はい、普通預金残高-46万の管理人です。先日の旅行のダメージがまだ消えないのです。何なぜだか知らんが、私の知らないところでこのブログの読者が増えているらしい。なんでですかねぇ…。それはさておきこのシリーズ第三弾でございます。さぁ、行こうか。

 

雨粒がはらりと舞う夜のススキノ、腹が減ればうまいラーメン屋でラーメンに舌つづみを打ち、酒が飲みたくなればニッカバーで竹鶴25年をいただく、セックスがしたくなればソープに駆け込むという至極人間らしい生活をしていましたが、さすがにローションまみれも三日で二回も行くと飽きる。限界効用逓減の法則です。

 

折角東京以北最大の繁華街に来たのにソープだけってのもあれなので、私は足らない頭でどうやって未知の快楽を味わえるかを思考した。「SMクラブは勇気がいるし…バニーバーはコミュ力ないのでNG…ピンサロはなぁ…デリは本番出来ないしホテル取るのがめんどい…オカマバーはまだ早い…

 

そうだ!M感があるではないか!

 

仙台にないし行くしかねぇ!」

 

ということで毎度おなじみシティヘブンで検索したところやっぱりな、あるではないですか!ということで詳細を見てみると…

 

90分24000YEN…ソープと違い建前値段ではないのでわかりやすい。内容は・・・
淫語言葉責め 、Fェラ、脚コキ、強制顔面騎乗、Aナル責め(ここまではよくある)…

 

男の潮吹き、前立腺マッサージ

 

まじか、潮吹きさせてもらえるんか!余談ですが、男でもSIOFUKIすることが出来ます、簡単に説明すると

 

「抜きます出します→感度抜群状態の愚息をさらに強く擦ります(案外痛くてきもちいですよぉ)→謎の透明な液体が噴出します」

 

相当の根性があれば自力でも出来るのですが、心折れることがほとんどです、そういうわたしも自力では二回ほどしか成功しておりません。いやぁストロングゼロの効果はすごいですな(ストロングゼロにちんちん浸すわけではないです)。親不在の自宅で、ああああああああああああとかいいながら出来ます。

 

そんな感じなので誰かに強制的にやってもらうのが手っ取り早いです。男性のみなさん、彼女でも彼氏でもいいので理解のあるパートナーを見つけてぜひチャレンジしましょう。

 

そういうものをやっていただけるということなのでわーいと小学生並みの感性で楽しみになってきました。続いてオプションを見てみると…

 

エネマグラ、Aバイブ

 

「あーこれ尻に突っ込むとすごく気持ちいやつだ…それが無料オプション!行くっきゃない。ということでTEL。

 

ボーイ「このお店はソープとかではないのでお客様が女の子を責めるのは禁止です」

ボ「受け身で攻め続けられるのをコンセプトとしております、よろしいですか?」

僕「かしこまりました」

ボ「ご指名はございますか?」

僕「XXさんで」

ボ「かしこまりました、ではご来店お待ちしております」

 

札幌駅東口でのほんの数分のこと、私には永遠のように感じられるほどの緊張、風俗店への電話予約には慣れているはずなのに…まだまだ青いということか(勤め先の看板も青い)。

 

ということで、予約完了で時間までぶらぶら、そして入店。会計を先に住ませて待合室に通される、しばらくするとボーイが飲み物を持ってきた…

 

ボ「こちらはアンケートでございます、ご希望のプレイをご記入ください」

僕「えぇーと、潮吹き、前立腺攻め、マルっと、ストッキング?まぁいいや丸」

ボ「ご記入ありがとうございます。こちらはSIOFUKIドリンクです、飲むとイきやすくなります」

僕「さいですか…(一気飲み)…ただのポカリスェットやん…」

ボ「無料オプションで「目隠し」をお付けできますがいかがいたしますか」

僕「(視界が消えた方が感じやすくなるらしいし)お願いします」

ボ「かしこまりました」

 

という感じで会話を終え五分ほど待機。準備が出来たとのことで自分で渡された目隠しをして誘導に従う。外の人間として代筆の手続きでしか触れることがなかった盲目の世界が何たるかを初めて知った、案外怖いな…。途中からご指名した人に誘導がバトンタッチされる。

 

嬢「はじめまして、さぁ、こちらです(手を取られる)」

僕「はじめまして、本日はよろしくお願いします」

嬢「こういうお店初めて?」

僕「そうですね、そこそこ緊張していますw」

嬢「警戒心が少しあるみたいね、大丈夫、今からあなたは身をすべて私にゆだねて」

僕「はい(ちびちび歩く)」

嬢「まるでひよこみたいな歩き方ね、でもしっかりまっすぐ歩けていますよ」

嬢「(耳元で)さぁこちらへ、ど・う・ぞ」

 

耳元でのささやきとともに僅かながらに鼻腔を薫る甘い香水、もはや私は迷える子羊のような存在なわけだ、手を取る人が消えた瞬間自分は虚空に放り出されたような気分になるであろう。そのような無力さにひしがれる私を見てかは知らないが、やさしく部屋へ案内される。

 

部屋に入ったらソファーに掛けるように案内される。部屋に充満するはあの慣れ親しんだ石鹸の薫り、あぁ私はまた風俗店に来たのだと改めて思い知る。

 

嬢「初めての割にはずいぶんハードなオプションを指名するのね」

僕「まぁそうですね。自分でエネマ買って試したことはあるんですよ」

嬢「あらそうなの?これは弄りがいがありそうね♪」

僕「自分が感じた快楽が本物かの答え合わせに来たっととこですねw」

嬢「面白い人、この部屋では普通の男が絶叫するのが当たり前の空間」

嬢「あなたは何も遠慮することはない、快楽に身を任せてしまいましょう」

 

といった後、感じたのは愚息に感じる違和感、矮小なものをもてあそぶかの如くゆっくりとなで回す。それが足コキだと知るのにそう時間は要しなかった。

 

嬢「どう?目隠しされて顔も見たことない人に足でいじられる感触は?」

僕「なんとも、今までこんなことされたことないもので何とも言えない…」

僕「でも続けてください、たまらんです」

嬢「表情はまだ硬いけど、体は正直みたいね」

 

悪魔のようなささやきが暗黒の世界のどこからともなく聞こえてくる。淫猥そうな言葉遣いに心惑わされているさなか、悪魔が自分の隣に首に手を回してきた。手繰り寄せるようにして、再度耳元で

 

嬢「肩の力抜いて、快楽のみを感じるのよ」

 

と手で胸元をまさぐり、ふとももで愚息をいじくりまわせれる。あぁエロ同人誌でショタがお姉さまにいいようにされる感覚ってこれに近いんかなぁと思いつつひたすらマスぐられる。

 

嬢「本番に行く前にシャワーを浴びましょうね、服脱がせますね」

 

 ・・・

 

内容は覚えていますがいかんせん書くのがめんどうなのでここで止まってはや三か月ですね。気分が乗れば続きを書きます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手錠

 

はい、管理人です。特段風俗巡りをしているわけではないので書くネタはありませんが、何も書かないのもあれなので昔のこと書きます。

 

部屋を掃除してたら手錠のおもちゃが出てきたので、

 

「自分で手錠をしてセルフ監禁ごっこしよう!」

 

と思い立ちベッドに横たわり背中に両手を回して自分で手錠を掛けたんですね。そしたら思いのほか興奮しちゃって、

 

「縛りプレイとはこういうものなのか!好きな人に緊縛されれば快感だろうな」

 

とか考えていました。予想以上に興奮するんですねこれ。ちなみにその手錠は鍵がなくても自力で外せるように細工がしてあるものであった(おもちゃですので安全性に配慮しているんですね)、具体的には鎖も多く、爪をひっかければかけられていても簡単に解除できる代物です。

 

「これじゃつまんないから鎖詰めて、簡単に外れないようにした上で脱出ごっこもしよう」

 

と思い立って工具類を総動員して安全装置をすべて削ってみたんですね。

 

「よし、これでルパン三世のごとく華麗に脱出してみせるぞ」

 

とか考えてベットの上に伏して同じく背中に手を回してみたんです。ところがどっこい鎖を詰めすぎてほぼ手が動かせなくなってしまったのですよ。脱出どころかガチでセルフ監禁状態になってしまって身動き取れずに二時間くらい倒れてました。自宅には私一人、さぁどうしましょう。誰も助けを呼べません。

 

ということで二時間くらいどうしようにもなくて倒れていたら親が帰宅してきたので、

 

「たすけてーセルフ監禁ごっこしてたら脱出できなくなったー」

 

と喚いたところ、親がごみを見るような目で

 

「なにしてんの?」

 

ということで無事解放してもらい事なきを得ました。という昔話を急に思い出したように親がしてきたので懐かしくなってました。これトイレ近い状態でしてたら死んでたなぁ…。

 

なお、今から三年前、大学三年生の時の話です。

 

Fin

VR元締

さて、職場で四面楚歌マンこと管理人です。

 

最近職場ですごく上手くいきません、もともとうまくいきませんでしたがひどい有様です。その原因がなんとなくわかったので解決策。

 

・「職場内での自分の立ち位置は家畜以下である」と思い続け、自分の言葉で自分を縛り続けること事

・振りかざされた不条理に対しては「不愉快」から「憎悪」に変えてエネルギーにする

・憎悪の対象をいかに下剋上してやろうかを理性的論理的に考え実行すること

・自分を信じてくれるお客と職場の人の為「だけ」に死ぬほど努力すること

 

これしかないですね。はっきり言って今の自分は職場にいてもいなくても同じような存在ですおそらくね。徹底的に下剋上して、あの人がいないと困ると言わせないと、雪辱は果たせない。

 

はい、ここまで見たあなたは「こいつ統合失調症だろ」とお思いになったでしょう。似てるけど致命的に違います。一般的に統合失調症は妄想など「外部」に対して出すこと、私の場合は徹底的に自分を精神的に痛めつけて刻苦勉励するように「内部」に行くこと。私は正常で異常な狂いを孕みつつ、必ず下剋上を果たす。いつまでも職場のカーストの底辺で家畜以下の扱いなど受けるのはこりごりだ。

 

 

Fin

 

P.S.早波攻略中に出たーうれちいー

無題

 

さて、風俗レビューを期待している人にははなはだ申し訳ない、最近書く気力が起きない。文才が出てこないのです。書いても書いても消してやりなおし、もう意味これあるのか?と自問自答して意気消沈する。

 

さぁて。どうでもいいこと書きたくなったので書きます。世間ではクリスマスムードということで、やれ光のテーゼントだのホザき宣われております。僕が一つ言いたいことは、

 

「君が持っているスマフォやカメラ類が全て壊れている状態でも行きたいですか?」

 

ということです。聖夜でやれクリスマスケーキを食べるだ、やれ彼氏とデートに行く男や、やれページェントを見に行くだの語ります。そういう場面で多く見るのは写真を撮っている人たちばかり。

 

とあるお話、ある夫婦の結婚式場で「インスタ投稿のために撮影するのはご遠慮ください」といった瞬間にみんなカメラを下したという滑稽、昔なら故事成語になってもいいくらいのことがあったそうな。

 

写真を撮影してネットにあげて、さも

 

「自分たちはこのネットの海に多く浮遊するボッチの負け組どもとはちがう人生を歩んで楽しんでいますよ」

 

と自慰マシマシの主張を通したいとではないかといわざるを得ない。そんなんならイベントなんて行く価値ない、イベントに失礼だ。え、私はどうなんだって。主張するからには守ります。家で寝てるにきまってるじゃないですか。何も持たない人間にイベントを謳歌する権利などない。

 

はぁ、自分の口から出てくる紫煙のせいで吐き気を催す。酒を飲んでも催吐感に苛まれる。思ったんですよ、いっそのこと酒飲んで車運転して電柱にでも思いっきり衝突して死ねれば少しは楽になれるんじゃないかなぁって。長期休暇、後半は死ぬことしか考えてなかった。余計なものが体内を支配している絶望と嫌悪感にむしばまれつつ、動悸に苦しめられる日々にはもうこりごりである。

 

そうはいっても結局は出来ない。自分の遺品整理を試みて掃除をすると楽しかった日々を思い出して、「あんな日々を送りたいだけなのになぁ、もしかしたらまだチャンスはあるんじゃないかな」と未練がましいったらありゃしない。

 

一つだけ言うならこういうことですね。みんなが当たり前に出来る事が出来ないってこれ歩で人生においてハンデであるというのをわかってもらえたらうれしい。こういう人間を見ることで自分は正常だと安心していただけたらこういう文章書く意味も少しはあるんじゃないかなとおもいます。

 

何かをしないと結局何も変わらない、進化の反対は無変化だという。生き残るものは「強いもの」ではない、変化に対応できるものである。変化にいまだ対応できない以上私は永遠に図体のでかい子供のままである。

 

 

今年あと4営業日、どうせ変化を望むことなくただひたすらに苦しいとわめくだけ。水中の酸素濃度が低くなって苦しいなら陸に上がればいいだけの話。それが出来ないなら一生肺胞を海水に浸して苦しんでいるのが私にはお似合いということであろう。こんなこと思うあたり自分の人生を生きる気力がないということであろう。わたしは一般的な成人男性になれればよかったがもう無理だ、私は「野原ひろし」にはなれない。

 

とかいいつつ鉛のように重い体を何とか動くように大脳新皮質に働きかけて、配布用のお菓子の詰め合わせを購入しに行く。本題が終了したのでスーパーに行き、何か食べたいものを見て回る。びっくりするくらい何も食べたいと思わない、拒食症というわけではないのだが、

 

「この食物を食べたところでどうせ幸福にはなれない」

「500YENを支払うだけの幸福感を得ることが出来ないものでしかない」

 

という意識が働いて何も食べる気が起きない。生命維持の為に必要な食べ物はまぁ食べましょうという風になるんだが、奢侈品としての食べ物を食べたいとは思わないという今までにない事態に突入した。スーパーに陳列しているものが単なる有機物にしか見えない、大衆消費社会の愚劣さを表しているかのような、そんな錯覚に襲われる。

 

自分の中にある不要なものをすべて出し切って無になりたい、部屋にあるものをすべて捨て去って、無の部屋にしたい。そこで座禅を組んで…そんな生活をしたい。睡眠欲差を支配して、無我の境地で座禅を組むことが出来れば、私は完全な、社会が私に求めているようなロボットになれるかもしれない、そう信じて止まない。

 

そう、もはや形があるものでは幸福は得られないのである。肉体の快楽ではない、精神の快楽を求めるしかないのである。じゃ何ならいいのか?それを考えるために座禅を始めよう。

 

Fin

原罪


はい、管理人です。安い酒は俺の体に合わないからすぐに拒絶反応を起こす。皆さんもぜひとも安酒をもって肝臓をして痛め付け染むることをせぬようにして幸福度の高いアルコールライフを送っていただければと思います。
 
余談ですが、酒の耐性は「アセドアルデヒド分解酵素の有無」を土台として「慣れ」と「体重」に比例します。ここで、わたくしのここ一年…正確には半年かで私の体重は-16kgの現在66kgなんですね。そりゃ酒に弱くなるってもんですわ。もはや私も若くはない。老兵は死なず…を実現するような晴れ舞台が私に来ることはないであろうが、全身が黄色に変色してただ消え去るような人生を歩のは流石に忍びない。
 
ちなみに私の祖母は肝硬変で最後は喀血して消えた。肝臓を酷使した人間の末路を知っているのである。悲惨である。ふと夢で祖母が自分の目の前で喀血して自分の手が血まみれになるという夢を見たもんで、こんなことを思い出した。

それは小学校に入る前のことであったが、一般的にヒトから理性を持つ人に移り変わりつつあったその頃に祖母の死を体験した訳です。別に嘆き悲しみトラウマ担ったわけではありませんでしたが、このとき私は死を知る、数十年かけて親からの投資を受け伴侶を見つけて次世代を生み、そしてその個体が消えることの意味を…直感的に理解するのであった。かつて人の形をしていたものが二時間足らずで燐酸カルシウムに変わってしまうことに子供ながら…諸行無常の精神を感じざるを得なかった。

なんでこんなことを書くかというと、このとき自分が生きているという事実に気づいたということです。小林秀雄が述べているように生は死の理解をもってして理解されるのである。
 
生きるというとこ、それの収束が死であることをうっすら感じたあのとき、あのときから自分は生きることの生きづらさを感じていたように昨今人生を振り替えって思うことがある。
 
生きてて楽しいですか?いや正確に言えば、
 
毎日嫌だ嫌だと言いながら死に向かう人生になんとも思わないですか?

 

Fin

躯体

 

人は、往々にして大切なものは失ってからでないと気付けない。失うとまではいかなくともそれの存在の危機に直面して初めてありがたみを得るのである。

 

空気の薄い山頂に登った時に空気のありがたさを感じるように、そしてけがをして痛みを感じる時に初めて自分の躯体を自覚し、健康であることに感謝出来るように。

 

何が言いたいかって?風邪ひくなよということです。僕は風邪ひきました。つらい。

 

Fin